燻製の作り方

燻製の作り方

燻製は基本的にどれも作り方はほとんど同じです。
下処理、塩に漬ける、塩を抜く、乾燥させる、燻煙という手順です。

燻製の一番の肝は、スモークチップなどをちゃんと選ぶことです。
種類によって風味が変わりますし、味なども多少影響することがあります。

私も自分に合うもの、そうでないものがあります。
おいしい作り方は、ここをちゃんと選ぶことが大切です。

作り方ですが、まずは材料の下処理をします。
魚なら骨や内臓をとり、肉なら余分な油や筋などをとります。

次に塩に漬けて(魚や肉などの1〜3%程度の量)、数日間冷蔵庫で保存します。
数日塩に漬けたら、次は味付けを行い、さらに数日〜1週間程度冷蔵庫で保存します。

熟成したら次は塩抜き作業です。
流水に5〜15時間程度つけて塩を抜きます。

塩抜きが終わったら次は乾燥させます。
風通しのいい涼しい場所で乾燥させてください。

乾燥させたら燻製を行っていきます。
スモークチップなどを使い、仕上げていきます。

煙がとても大切なので、最初は強火でスモークチップを熱して煙を出します。
煙が出てきたら蓋を閉めて、出来上がるまで待ちます。

数時間ほど経ったら、火を止めてさらに蓋をしたまま冷まします。
冷めたら冷蔵庫で保存してください。

だいたいここまでが作り方の手順です。
手間はかかりますが、自家製のものは本当に美味しいです。

揚げ出し豆腐の作り方

揚げ出し豆腐の作り方

豆腐はカロリーも低くて、女性に嬉しいイソフラボンなども含まれています。
おいしい豆腐料理を覚えて、おいしく食べていきましょう。

今回は揚げ出し豆腐の作り方を書いていきます。
ボリューム感なども多くなるので、ダイエット中にもお勧めです。

まずはタレの作り方から紹介します。
準備するのは、ダシ(50ml)、醤油(大さじ1)、みりん(大さじ1/2)、料理酒(大さじ1/2)、片栗粉(適量)です。

作り方ですが、最初に片栗粉を水で溶いておきます。
鍋に片栗粉以外の材料を全て入れて、ひと煮立ちさせます。

水で溶いた片栗粉でとろみをつけてダシの完成です。
次は揚げ出し豆腐の本体の作り方です。

準備するのは、豆腐(1/2丁)、片栗粉(適量)、生姜(適量)、ねぎ(適量)、かつお節(適量)、油(適量)です。
豆腐を食べやすい大きさに切り、水気を拭き取っておきます。

豆腐に片栗粉をまぶして、160度〜180度に熱した油で揚げていきます。
表面がきつね色になって、パリッとしたら油から上げます。

軽く油を落として、器に入れていきます。
最後に作っておいたダシをかけて、かつお節、生姜、ねぎをのせれば完成です。

揚げ出し豆腐は晩御飯のおかずにも最適です。
残ったダシをご飯にかけて食べてもおいしいですよ。

親子丼の作り方

親子丼の作り方

親子丼は定番の家庭料理です。
私も大好きで、時々自分で作っています。

今回はお子様も大喜びの親子丼の作り方を紹介します。
まずは味の肝となる煮汁から作りましょう。

材料は、だし(100cc)、みりん(大さじ1)、酒(小さじ1)、砂糖(大さじ1/2)、醤油(大さじ1)です。
煮汁の作り方は、全ての材料を入れ物に入れて、混ぜ合わせておくだけです。

親子丼本体は、ごはん(丼1杯)、鶏肉(50〜80g程度)、卵(1個)、玉ねぎ(1/4個)、みつば(適量)、醤油(大さじ1)、みりん(大さじ1)、酒(大さじ1)を用意します。
鶏肉は低カロリーなものがいいなら胸肉、気にしないならもも肉などを使います。

作り方ですが、まずは醤油、みりん、酒を混ぜて、そこに食べやすい大きさに切った鶏肉を入れて下味をつけます。
卵を混ぜ、玉ねぎの皮を剥いて薄切りにし、みつばも数センチくらいの長さに切ります。

浅鍋にいったん混ぜておいた煮汁を入れ、ひと煮立ちさせます。
玉ねぎを鍋にまんべんなく入れて、軽く透明になるまで煮ていきます。

軽く透明になったら鶏肉を入れて、蓋をして弱火くらいで煮ます。
鶏肉に火が通ったら卵を入れていきます。

箸などを伝わせるようにして、まんべんなく卵を入れていきます。
卵が自分好みになったら、ご飯を入れた丼にいれます

上にみつばを乗せれば完成です。
本当においしいので、一度作ってみてくださいね。

以上親子丼の作り方でした!

フライドポテトの作り方

フライドポテトの作り方

フライドポテトの作り方の中で、最も大切なのは揚げる過程です。
外をカリカリと揚げて、中をホクホクとするには揚げる工程がとても重要となります。

準備するのは、ジャガイモ(私の場合1人分1玉です)、油、お好みの調味料です。
私はお好みの調味料にケチャップ、バジルと塩を合わせたもの、普通の塩を準備します。

まずはジャガイモを好みの太さに切っていきます。
皮が付いていた方がいい場合、皮を剥かずに切っていきます。

いったん水にジャガイモをつけて、でんぷんを抜きます。
5分程度ひたしたら、水からジャガイモを上げます。

ざるなどに乗せてよく水分をきり、油で揚げていきます。
油にジャガイモを入れ、中火で油を温めながら揚げてください。

表面がカラッとして、ほんのり焦げ目がついたら網で油から上げます。
その際に油をよく切って、しんなりしないように気をつけましょう。

よく油を切り、それをクッキングペーパーを敷いた容器に入れて、熱いうちに塩を振ります。
その他の味付けにする場合も、熱いうちに味付けしましょう。

以上がフライドポテトの作り方です。
フライドポテトの上手な作り方は、揚げる部分で決まると思っていただければいいと思います。

おつまみや、食事などの付け合わせにしても最適です。
フライドポテトの作り方をマスターして、料理に役立ててください。

箸袋の作り方

箸袋の作り方

箸袋の作り方を覚えて、エコや環境のことを考えてみませんか?

箸袋の作り方は結構簡単なのでぜひやってみてください!

ミシンなどを使えない方は、まずそこから学んでいく必要がありますが……。

簡単でスタンダートな、長方形の箸袋について話していきたいと思います。
まず自分好みの柄の布を2枚(大きい場合は1枚で可)、ミシンを準備します。

口の部分をどのようにしたいかによって、準備するものも変わります。
ボタンに引っかけるようにしたい場合は、ボタンとひもを準備します。

絞るようにしたい場合は、ひもだけを準備します。
これは好みなので好きな方を選択してください。

まず2枚の布を作りたい大きさに切ります。
切れたら布を裏返しに口の部分以外をミシンで縫っていきます。

口を絞るタイプにする場合、左右どちらかの上部を数センチ残してください。
またボタンにする場合、どちらかの布の上部を数センチ切っておきます。

縫い合わせれたら、口の部分の処理に入ります。
ひもを通す場合の作り方は、表に戻す前に口の部分を表側から裏側へもってきてひもを通す部分を作り、ひもを通して箸袋完成です。

ボタンを使う作り方の場合、まずは短くした布へボタンを縫います。
その後、ひもを長くして置いた方へ縫いつけてください。

ひもはのりなどでつけてもいいですが、少々強度などが弱いです。
ここは自分で好きな方を選択してください。

以上箸袋の作り方でした。

スクラップブッキングの作り方

スクラップブッキングの作り方

スクラップブッキングという言葉を聞いたことがありませんか?
アメリカで大流行している、自分の気に入った写真を綺麗に装飾して、思い出をより強く残すというものです。

思い出をより鮮明に残すこともできて、大切な写真なども是非スクラップブッキングで残してみてください。
作り方は非常に簡単で、紙やステッカーなどを利用して、装飾をしていきます。

アイデア次第で他にはないユニークな作品も作り方次第では可能です。
自分好みな紙やステッカーで好きなように装飾するので、準備するものも自分で選んでみましょう。

私は割と和風な作品を作ることが多いので、和紙などを利用する機会が多いです。
和紙は指でちぎっても、感じのいい破け方をします。

なのでそれを貼っていくと、感じのいいスクラップブッキングを作ることができます。
なんせ作り方も台紙に写真を配置していき、それを装飾するだけなので、誰でも簡単に作れます。

ビーズなどを貼っていっても綺麗ですよ。
特にスワロフスキー、キュービックジルコニアなどは、光で綺麗に輝くのでお勧めです。

少々高いことと、貼り方によってはすぐに落ちてしまうのが玉にきずですが……。
上手に利用できれば、作品の質を一気に引き上げてくれます。

中々デザインが思いつかない人は、ネット上の作品例や素材などを使ってもいいですよ。
教室などを開催していることもあって、本格的に学びたいなら受講するのも手です。


以上スクラップブッキングの作り方でした。

杏仁豆腐の作り方

杏仁豆腐の作り方

杏仁豆腐は自分の好みによって、かなり分量なども変える必要があります。
作り方をマスターしてしまえば、本当に手軽に作ることができるんですよ。

いきなり杏仁での作るのは難しい部分もあると思うので、最初は杏仁霜を使った方が無難です。
なので今回は杏仁霜を使っての作り方を書いていきたいと思います。

準備するのは杏仁霜、水、砂糖、牛乳、生クリーム、ゼラチン(寒天)です。
お好みでアーモンドエッセンスなどを入れてみてください。

分量は私の場合、杏仁霜を大さじ3、水100g、牛乳100g、生クリーム300g、ゼラチン5〜6gです。
クリーミーなものを作りたい方は、生クリームを中心に牛乳などを増やしましょう。

ゼラチン(寒天)は、最初に水かお湯でふやかしておきます。
牛乳、生クリーム、牛乳、砂糖、水を鍋に入れ、弱火で混ぜながら煮ていきます。

沸騰しないように気を付けてください。
粉っぽさがなくなったら、ここにゼラチン(寒天)を混ぜて、弱火でよく混ぜ合わせます。

よく混ぜれたらそれを容器に入れ、荒熱が取れたら冷蔵庫で冷やしていきます。
冷えて固まったら完成です。

杏仁豆腐の作り方を覚えて、手作りで作ってみませんか?
友人などとお茶をするときなどにも出せますし、お子様なども大喜びです。

最近は粉末などから、簡単に杏仁豆腐を作れる商品も販売されています。
これなら作ったことのない方でも手軽に作ることが可能です。

以上杏仁豆腐の作り方でした。

黒蜜の作り方

黒蜜の作り方

黒蜜は誰でも簡単に作ることができます。
もちろんちょっとしたポイントなどはありますが、比較的作り方は簡単です。

材料は、黒砂糖、砂糖、水を用意します。
分量は自分好みで調節していけば大丈夫です。

甘みの強いものが好きな方は黒砂糖、砂糖、水を同分量にします。
甘み控え目がいい方は、黒砂糖と砂糖を50g程度にし、水を100〜200gいれてください。

今回は省きますが砂糖にも幾つか種類があり、それによって特徴が異なります。
お勧めは白砂糖、ざらめ糖といったあたりです。

特にざらめ糖は甘みが強く、光沢などがあってお勧めです。
より一層おいしさを引き立ててくれますよ。

作り方についてですが、まずは全ての材料を鍋に入れ中火で煮詰めます。
途中にアクが出てくると思うので、それを丁寧に取っていきます。

アクが残ると風味や味に影響します。
丁寧に取っていきましょう。

砂糖がだいたい溶けたら、後は弱火や余熱で砂糖を溶かしていきます。
煮詰めすぎると黒蜜が固まってしまいます。

ざらめは溶かすのに時間がかかってしまうので、最初にうちは溶けやすい砂糖を使うのも手です。
上手く作れれば、冷蔵庫などでも保存が可能です。

黒蜜は様々なデザートへ合わせることができます。
今まで市販のものを買っていた方も、この機に作り方を覚えてみてはどうでしょうか?

暑い時期にも、寒い時期にも黒蜜はおいしく食べることができます。
和菓子風味なお菓子が好きな方は特にお勧めですよ。


以上黒蜜の作り方でした。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。