唐揚げの作り方

唐揚げって作り方通りにしても、自分に味付けが合わないことがありますよね。
昔に友人の家で唐揚げを食べたことがあるのですが、私の家の味付けと全然違って驚いてしまいました。

唐揚げ粉で作る人も多いですが、私は片栗粉を使っています。
今回は鶏の唐揚げの作り方を紹介します。

準備するのは、鶏もも肉(1枚)、片栗粉(適量)、日本酒(小さじ1)、みりん(小さじ1)、醤油(小さじ1)、にんにく(1片)、塩(少量)、コショウ(少量)、油(適量)です。
作り方は、まず鶏肉に塩をふり、少しの間置いておき、出た水分を拭き取ります。

鶏肉を置いている間ににんにくをすりおろして、日本酒、みりん、醤油、コショウを入れてよく混ぜ合わせます。
水分を拭き取った鶏肉をその中に入れて軽く揉んだ後、その中に1時間ほど漬けておきます。

1時間経ったら鶏肉に片栗粉をまぶし、200度程度に熱した油へ入れて揚げていきます。
だいたい30秒〜1分程度で衣が固まるので、一旦そこで鶏肉を油から上げます。

油の温度が下がってしまっていると思うので、また高温に戻るまで鶏肉を休ませます。
その際は余熱で肉に火を通すことが大切です。

1〜4分程度上げたら、また油を高温にして鶏肉を入れて揚げていきます。
また30秒〜1分程度経ったら油から出してを繰り返します。

鶏肉の中に火が通ったら完成です。
火を通しすぎたり、低温の油で揚げるとうまみが逃げて味がダウンします。

お好み焼き 作り方

お好み焼きは晩御飯にもお酒のおつまみにもおいしいです。
大阪ではおかずとして食べるというので驚きです。

今回は関西風のお好み焼きの作り方を紹介します。
関西風と広島風では好みが分かれますが、私はどちらも好きなので気分などでどちらを食べるか決めます。

準備するのは、小麦粉(100g)、キャベツ(100g)、桜エビ(適量)、天かす(10g)、だし(40cc)、長いも(30g)、豚バラ(お好みで)、塩(適量)、ねぎ(適量)、紅生姜(適量)、青のり(適量)、かつお節(適量)、マヨネーズ(適量)、お好みソース(適量)です。
トッピングの青のりなどはお好みです。

作り方は、まず小麦粉、だし、卵、塩を入れてよく全体を混ぜ合わせます。
長いもをすりおろし、すりおろした長いも、千切りにしたキャベツ、桜エビ、天かす、紅生姜を入れて混ぜます。

熱したホットプレートの上にお好み焼きを丸く置き、その上に豚肉を乗せます。
表面がきつね色になったらひっくり返し、またきつね色になるまで焼いてください。

両面が焼けたら火を少し弱めて、中まで火を通していきます。
中まで火が通ったら、お皿にお好み焼きを置き、ソース、マヨネーズなど残りのものを好みで乗せて完成です。

中に入れる具など作り方は個人の自由です。
おいしい自分だけの味を見つけてみてください。

ちらし寿司の作り方

ちらし寿司の作り方

入学式などにちらし寿司を作ればお子様も大喜びです。
ちらし寿司の作り方を覚えて是非作ってみてください。

まずはすし飯の作り方からです。
準備するのは、米(3合)、すし酢(90cc)、昆布(1枚)です。

米を研いで昆布と一緒にご飯を炊きます。
炊けたら蒸らした後、すし酢を全体にかけてよく混ぜ合わせます。

味は自分で調整し、甘みなどがあまり強くしたくないなら普通の酢を入れます。
後はうちわなどで冷ましていけば完成です。

次は具の作り方についてです。
にんじん(1本)、高野豆腐(5個)、干し椎茸(5枚)、エビ(5尾)、さやえんどう(9枚)、れんこん(1/2本)、だし汁(200cc)、砂糖(大さじ1)、みりん(大さじ1)、酒(大さじ1)、しょうゆ(大さじ2)を準備します。

まず高野豆腐と干し椎茸を戻しておき、エビはワタなどを取り除き茹で、さやえんどうも茹でておきます。
エビを適度な大きさに切り、レンコンは輪切りにし、他の具を千切りにします。

だし汁、砂糖、みりん、酒、醤油を鍋に入れてよく混ぜ合わせます。
その鍋に具を全て入れて、蓋をして煮てください。

よく具に味が染み込んだら煮汁につけたまま冷まします。
この間に線糸卵を作ります。

卵(3個)、砂糖(大さじ1)、塩(小さじ1/5)をよく混ぜ合わせ薄く焼いていきます。
最後に酢飯の上に煮汁で煮た具(エビ以外)、線糸卵、さやえんどう、エビを乗せればちらし寿司の完成です。

ハンバーグ 作り方

ハンバーグ 作り方

ハンバーグは子供のみならず、大人も大好きな定番料理です。
私の父も大好きで、外食をしてもハンバーグがあれば必ず頼みます。

作り方は人様々で、中に入れるものも変わってきます。
つなぎなどを使わない作り方は、それなりにおいしいものができますが、形が崩れやすくて上手くできないことが多いです。

以前に挑戦したのですが、粉々になってしまい……。
プロでもない限り作る必要もありませんが……。

準備するのは、牛肉(100g)、豚肉(40g)、玉ねぎ(1/4個)、塩・コショウ(少々)、パン粉(1/4カップ)、卵(1個)、牛乳(小さじ1)、ハンバーグ用スパイス(適量)、ケチャップ(適量)です。
それでは早速作り方を見ていきましょう。

まずは玉ねぎをみじん切りにし、フライパンできつね色になるまで炒めます。
きつね色になったら火からおろして、熱が取れるまで冷まします。

ケチャップ以外の材料を入れ物に入れて、粘り気が出るまでしっかりと混ぜていきます。
粘り気が出たら、ハンバーグの形を作ります。

この時に空気を抜きながら形を作っていってください。
何回か入れ物にたたきつけたりすると空気が抜けやすいです。

真中を少しへこませて、両面を一気に中火で焼きます。
両面が焼けたら蓋を閉めて、蒸し焼きにしていきます。

長い時間焼くと肉のジューシーさが失われます。
中まで火が通ったら、皿には盛りつけてケチャップをかければ完成です。

カルボナーラ 作り方

カルボナーラ 作り方

皆さんはどのようなスパゲッティが好きですか?
私はカルボナーラが一番好きです。

元々乳製品が好きで、ああいう風味って好きなんですよ。
豆乳を使った作り方を紹介するので、是非作ってみてください。

準備するのは、パスタ(100g程度)、ベーコン(2枚)、生クリーム(50g)、牛乳(30g)、豆乳(20g)、卵黄(1個)、粉チーズ(適量)、塩(適量)、コショウ(少量)、オリーブオイル(適量)です。
作り方は、まずベーコンを適度な大きさに入り、オリーブオイルを入れて火を通しておきます。

ボウルに生クリーム、牛乳、豆乳、卵黄を入れてよく混ゼ合わせ、先ほど炒めておいたベーコンを入れます。
粉チーズをなめらかになるまで混ぜ合わせながら入れて、最後に塩とコショウをお好みで入れていきます。

パスタを茹でて、皿にパスタとカルボナーラのソースをかけて完成です。
豆乳が入っていて、とても女性に嬉しいカルボナーラです。

ソースの作り方は、味や舌触りなどは自分の好みで調整します。
さらさらとした感じがいいなら、粉チーズを少なめに入れたり、生クリームの分量を減らします。

なめらかがいいなら生クリームを増やしたり、粉チーズを増やしていきます。
あまり生クリームとチーズを増やすと、しつこくなるので注意しましょう。

豚の角煮の作り方

豚の角煮の作り方


よく外食などをすると、柔らかくておいしい角煮が出てきますよね。
自宅ではこんなに美味しく作れないと思っている方も多いのではないでしょうか?

柔らかくておいしい豚の角煮は意外と作り方も簡単で、家庭でも作ることができます。
煮ていくのに時間かかりますが、圧力鍋などを使えば短縮できます。

味などは個人の好みがあるので、調整していくことが大切です。
分量通りでなく、自分自身味を見ながら材料を調整しましょう。

用意するのは、豚バラブロック(500g)、醤油(50cc)、砂糖(50g)、料理酒(100cc)、肉を茹で汁(100cc)、みりん(100cc)、生姜(適量)です。
作り方はまず、豚肉を食べやすい大きさに切り、表面の色が変わるまで焼きます。

圧力鍋に豚肉と水を肉を入れて、強火にした後蓋をして柔らかくなるまで煮ていきます。
柔らかくなったら一旦煮汁を違う容器に移し、そこから100cc量ってとっておきます。

圧力鍋に豚肉、先ほどの煮汁、醤油、砂糖、料理酒、みりん、薄切りにした生姜を入れます。
強火で5分〜10分程度煮て、今度は弱火にして10分〜30分くらい煮てください。

最後に火を止めて肉を蒸らして完成です。
圧力鍋の圧力を抜いて、お皿に盛りつけましょう。

残っても毎日食べれるような美味しさなので、角煮を作り置きしておくのもいいです。
作り方を覚えておけば様々な場面で作れますよ。

ビーフシチューの作り方

ビーフシチューの作り方

ビーフシチューは牛肉のうまみが出たスープと、やわらかい肉が決め手です。
やはりビーフシチューの美味しいお店は、牛肉が柔らかくてうまみが出ています。

作り方自体はあまり複雑ではありませんが、ある程度の時間は必要です。
肉や野菜の柔らかさは好みなので、煮る時間などは調整してください。

準備するのは、牛肉もも肉又は筋肉(300g)、デミグラスソース(500cc)、水(400cc)、玉ねぎ(1個)、にんじん(1本)、じゃがいも(中3個)、赤ワイン(150〜200cc)、ローリエ(1枚)、トマトケチャップ(大さじ2)、油(適量)、塩・コショウ(少々)、にんにく(1片)、生クリーム(少量)です。
作り方ですが、まずはにんにくをみじん切りにし、肉と野菜を食べやすい大きさに切り塩とコショウをして軽く炒めていきます。

炒めれたらそこに赤ワイン、水、デミグラスソース、ナツメグ、トマトケチャップを加えます。
じっくりと弱火で時々かき混ぜながら野菜と牛肉が柔らかくなるまで煮ていきます。

柔らかくなったら塩とコショウで味を調えた後火を消し少し置いておきます。
もちろんすぐに食べてもいいですが、カレーの原理でビーフシチューも1日後などがおいしいです。

できたビーフシチューをお皿に入れて、上に生クリームを少量かけます。
これで完成です。

作り方も面倒な部分がありますが、出来上がったらおいしいです。
是非チャレンジしてみてください。

味噌の作り方

味噌の作り方

味噌の作り方を知っておけば、様々な場面んで役に立ちます。
作り方も複雑で、1月や2月の寒い時期に仕込みます。

準備するのは、大豆(1kg)、米麹(1kg)、塩(400g)です。
作り方はまず大豆は一晩水につけておきましょう。

翌朝、大豆を指で軽くつまんで潰れるくらいになるまで弱火で煮ていきます。
半日ほど煮ると十分だと思います。

煮ている間に米麹と塩を合わせます。
米麹をバラバラにほぐし、ほぐせたら分量分の塩を混ぜ合わせます。

大豆が茹でれたら、すり鉢で潰していきます。
潰した後は先ほどの塩切りをした米麹よく混ぜ合わせます。

熟成することで柔らかくなるので、自分好みよりもちょっと硬いくらいにしましょう。硬さを調節し、手のひらの大きさほどの円形へと丸めていきます。
このときには空気を抜きながら作業するようにしましょう。

ビニール袋を二枚ほど敷いた漬物樽に味噌を入れます。
全部入れたら上から手で押し、さらに空気をぬいていきます。

表面を平らにして、ビニール袋の空気を抜きながらしっかりと口の部分を結び、上に漬物石などの重りを乗せて暗い涼しい場所で保管します。
4月か5月頃に1〜2回と8月に1〜2回、漬物樽を開けて、しっかりと混ぜ合わせます。

カビなどはいろいろと説があり、気持ち悪いなら取り除いてもいいと思います。
作業が終わったら、またしっかりと蓋をして保管し、作ってから10〜12か月ほどで味噌の完成です。

餃子の作り方

餃子の作り方

餃子は中の具によって美味しさが変わってきます。
人によって作り方も違いますし、入れる具なども変わってきます。

豚挽肉(150g)、白菜(170g)、にら(40g)、中華スープ(小さじ1)、にんにく(1片)、生姜(1片)、醤油(大さじ2)、ごま油(小さじ1、焼くときに適量)、塩(適量)、コショウ(適量)、餃子の皮(適量)、油(少量)を準備します。
作り方は、まず白菜を湯通しして、その後少量の塩を加えてミキサーなどで細かくしていきます。

水分が出ると思うので、それをキッチンペーパーなどで吸い取って、ある程度水分を抜いておきます。
ボウルに挽肉を入れて、そこに中華スープ、醤油、ごま油、塩、コショウを入れてよく混ぜます。

ある程度混ざったら、先ほどの白菜、みじん切りにしたにんにくと生姜を入れて、全体が混ざるまでしっかりと混ぜます。
粘り気が出てきたら皮に具をつめていきます。

スプーンなどで具を取り、皮の中心あたりに乗せ、ひだに少量の水を付けてつまむようにして閉じていきます。
フライパンにごま油を入れ、餃子を並べて中火くらいで軽く色が変わる程度焼きます。

鍋の中に餃子の底が沈む程度に水を入れて、蓋をしてそのまま蒸し焼きにします。
ある程度水分が飛んだら蓋を取って、少量の油をかけて、焼き目がつくまで焼いてください。

焼き目がついたら皿に盛り付け、タレを準備したら完成です。
是非作り方をチェックしてみてください。

梅酒の作り方

梅酒の作り方

梅酒は自宅で簡単に作ることができます。
私は小さいころから梅のドリンクが好きでした。

子供のころに友人が手作りの梅ドリンクが美味しくて、ついつい作り方を聞いてしまったんです。
それ以来自分で梅ドリンクを作って飲んでいます。

最近はソフトドリンクでなく、お酒を飲む機会も増えているんです。
今回はそんな梅酒の作り方を見ていきます。

準備するのは、青梅(1.2kg)、氷砂糖(800g)、焼酎かホワイトリカー(1.8L)です。
お酒の種類は好みですが、ホワイトリカーは果実酒に向いています。

私はホワイトリカーを使用します。
梅とお酒を漬けておく入れ物は消毒しておきましょう。

青梅を水で洗い、水に数時間つけておきます。
時間がきたら梅を丁寧にふき、水気をよくとります。

梅のヘタをつまようじなどで取り除いていき、梅に軽く穴をあけてください。
別段開けなくても問題ないので、時間のある時などにはヘタ取りと一緒に行います。

青梅と氷砂糖を交互にバランスよく入れ物に入れていき、最後にホワイトリカー(焼酎)を注ぎます。
あとはしっかりと蓋をして、涼しくて暗い場所で保存します。

好みで3〜12ヶ月保存すれば完成です。
梅酒は疲労回復などに効果があります。

飲みすぎは逆効果ですが、適量を毎日飲めば疲労などが溜まりにくいのでお勧めです。
お酒が好きで、毎日飲んでいる方は、梅酒に変えてみませんか?

チキン南蛮の作り方

チキン南蛮の作り方

チキン南蛮は宮崎県発祥の料理です。
おかずとしてもボリューム満点で、子供から大人までおいしく食べれます。

まずはタルタルソースの作り方です。
準備するのは、マヨネーズ(大さじ3)、ゆで卵(半分〜1個)、玉ねぎ(適量)、ピクルス(適量)、レモン汁(少量)、パセリ(適量)です。

玉ねぎなどの材料をみじん切りにし、全ての材料をよく混ぜあ合わせます。
味などを調整していって、自分好みになったら完成です。

あまり手間がかからないので、最初に作ってしまいましょう。
タルタルソースは、残ったら冷蔵庫で保存してまた利用できます。

次にチキン南蛮の要となる南蛮酢の作り方です。
準備するのは、酢(大さじ1と1/2)、しょうゆ(大さじ1)、砂糖(大さじ1)、みりん(小さじ1)、ケチャップ(少量)、塩(少量)、レモン汁(少量)です。

全ての材料を鍋に入れて、ひと煮立ちさせれば完成です。
酸味が苦手な方は、酢やレモン汁の量を減らしてみてください。

最後に肝心な鶏肉の調理方法です。
準備するのは、鶏もも肉(1枚)、卵(1個)、小麦粉(適量)、塩(少量)、コショウ(少量)、油(適量)です。

作り方は、鶏肉に塩とコショウを軽くかけて、小麦粉を周りにつけて余分な粉を落とします。
次に卵に鶏肉をくぐらせて、熱した油で鶏肉に火が通るまで揚げます。

揚がったら、そこにタルタルソースと南蛮酢をかけてチキン南蛮の完成です。
熱いうちに食べてください。

チーズフォンデュの作り方

チーズフォンデュの作り方

寒い時期にはチーズフォンデュがお勧めです。
鍋のように大人数で食べれますし、野菜が嫌いな人もおいしく食べることができます。

チーズフォンデュの作り方で一番大切なのは、チーズの組み合わせです。
種類を考えることで、おいしいチーズフォンデュが完成します。

準備するのは、グリュイエール、エメンタール、コーンスターチ、白わいん(辛口)、レモン汁、キルシュ、ニンニク、コショウ、チーズを付けて食べたいものです。
分量は個人の好みで大きく変わるので、調整していく必要があります。

今回は、グリュイエール(300g)、エメンタール(200g)、コーンスターチ(大さじ1)、白ワイン(180ml)、レモン汁(大さじ1)、キルシュ(大さじ1)、ニンニク(1片)、コショウ(少々)にしました。
作り方ですが、まずチーズを溶けやすいように細かくしていきます。

野菜などは食べやすい大きさに切り、硬いくらいに茹でておきます。
他のものも食べやすい大きさに切っておきます。

鍋にうち側ににんにくをこすりつけ、そこにチーズ、コンスターチ、レモン汁を入れて弱火で混ぜます。
白ワインを少しずつ加えていき、最後にキルシュとコショウを入れて混ぜれば完成です。

作り方は自由なので、他にもフォンティーナ、ゴーダなどのチーズを入れてもおいしいです。
自分に合った味を探すなら、こういったチーズで毎回違ったものを作ってもいいですね。

肉じゃがの作り方

肉じゃがの作り方

肉じゃがは家庭の味が出る料理です。
花嫁修業をしている方などは、まっさきに作り方を習得したい料理です。

まずは肉じゃがの基本的な作り方を覚えて、そこから自分好みにアレンジして自分の味を見つけましょう。
準備するのは、牛肉(150g)、玉ねぎ(1/2個)、ニンジン(1/2本)、じゃがいも(中2個)、糸こんにゃく(アク抜きのしてあるもの、適量)、砂糖(大さじ1)、みりん(大さじ2)、醤油(大さじ4)、料理酒(大さじ2)、水(400cc)、油(適量)です。

作り方は、まずジャガイモの皮を剥いて食べやすい大きさに切り、水に5分程度つけておきます。
たまねぎをくし切り、ニンジンを半月切りにし、糸こんにゃくを食べやすい大きさに切ります。

鍋に油を入れて、牛肉の色が変わるまで炒めて、さらに玉ねぎとニンジン、ジャガイモを入れて炒めていきます。
ある程度炒めれたら水入れて、一旦強火で煮ながらアクを取り除いていきます。

アクが取れたら強めの中火に火力を落として、醤油、砂糖、みりん、料理酒を加えます。
少し煮ていき、糸こんにゃくを入れます。

落とし蓋をして、何度か中を混ぜて、煮汁が少なくなるまで煮ていきます。
煮汁が少なくなって、ジャガイモが柔らかくなったら完成です。

だいたい肉じゃがの作り方はこれくらいです。
具などは好きなものを入れてください。

麻婆豆腐の作り方

麻婆豆腐の作り方

麻婆豆腐は一度は食べた事あると思います。
中華料理店に行けば必ずメニューにありますよね。

私はあまり辛いものが好きでないので、辛さ控えめでいつも作っています。
作り方さえ分かれば、後は自分の好きな辛さに調整できます。

基本的な作り方をここでマスターしてみてください。
まずは麻婆豆腐のタレの作り方です。

準備するのは、中華スープ(100cc)、酒 (大さじ1)、醤油 (小さじ1)、塩(適量)、コショウ(適量)です。
豆板醤、甜麺醤、塩、コショウ以外の材料をよく混ぜておきます。

これでひとまずタレは完成です。
次は豆腐などを調理していきます。

準備するのは、木綿豆腐(1丁)、豚挽き肉(80g)、にんにく(1片)、生姜(にんにくと同量程度)、豆板醤(お好みで)、甜麺醤(お好みで)、ごま油(適量)、ラー油(適量)、水溶き片栗粉(適量)です。
作り方は、まずごま油を中華鍋に入れて弱火で香りがたつまで熱して、そこに豚挽き肉を入れて火力をあげて炒めていきます。

油がまわって肉に火が通ったら、火を弱火にして豆板醤、甜麺醤を加えて焦げないように気を付けてながら炒めます。
全体的によく混ざったら、最初に作っておいたタレを入れます。

なじませるように混ぜた後、少しの間火にかけておきます。
たれが沸騰してきたら、豆腐とみじん切りにした長ネギを入れて、水溶き片栗粉でとろみをつけて麻婆豆腐の完成です。

キムチ鍋の作り方

キムチ鍋の作り方

鍋は冬に食べるものというイメージがありますが、キムチ鍋は夏バテなどの解消に効くので、夏場もおすすめです。
比較的作り方も簡単で、毎日でも食べることができます。

キムチ鍋の準備するものなのですが、これは本当に個人個人で違うんですよね。
作り方のマニュアル通りにするよりは、自分である程度考えた方がいいです。

ダイエットをしている方は、野菜を多めに入れ、豚肉、鶏肉なども脂肪分の少ない部位を選びましょう。
鶏肉は胸肉、豚肉はもも肉か肩肉を選べばヘルシーです。

私の場合はヘルシーなどを考えないので、豚ロース、鶏もも肉、豆腐、ねぎ、白菜、くずきり、キムチ(260g)、しいたけ、うどん(ラーメン)、水(4カップ)、昆布(8〜12cm)、いりこだし(大さじ1)、ごま油(適量)、にんにく(一かけら)、醤油(大さじ1.5)です。
分量のないものは、自分で調整してください。

作り方ですが、まずは鍋に水を入れ、昆布を鍋に入れます。
各材料を切り、フライパンですりつぶしたにんにくとごま油を熱して豚肉、鶏肉を炒めます。

炒め終わったら肉を鍋(すでに熱してある)に入れ、煮ながらアクをとっていきます。
いりこだし、醤油を鍋に入れ、後の材料も鍋に入れます(うどんなどはまだ入れない)。

これで煮込んでいけばキムチ鍋の完成です。
うどんなどは食べるときに入れるようにしましょう。

おでんの作り方

おでんの作り方

おでんって冬には定番中の定番ですよね。
作れば数日間食べれますし、何よりも飽きないんです。

作り方を覚えれば使える場面も多いはずです。
コンビニのおでんもいいですが、自分で手作りしませんか?

まずは煮汁の作り方から見ていきましょう。
おでんといえば煮汁が決め手ですからね。

準備するのは、水(2リットル)、昆布(10cm程度を2〜3枚)、削り鰹(50〜60g)、醤油(50cc)、みりん(50cc)、清酒(50cc)、塩(適量)です。
作り方は、まず昆布をさっと水で洗って、その後に切り込みを3か所程度入れます。

鍋に昆布と水を入れて30分くらい置いてから火を付け、沸騰する前に昆布を取り出します。
火を止めて鰹を入れ、沈んだらかつお節をキッチンペーパーなどでこし、残りの材料を入れて完成です。

味は自分で味見しながら調整してください。
煮ていくと水分が蒸発して、味が濃いくなるので薄めくらいで調整しましょう。

後はこの煮汁に入れる具を準備します。
基本的には大根、餅巾着、こんにゃく、豆腐、ゆで卵、牛筋でしょうか?

野菜類は軽く茹でて、揚げなどの油の多いものは、油抜きをします。
味の染み込みにくいものは、切り込みを入れます。

これらをたっぷりの煮汁で煮ていきます。
煮えにくいものから順に入れて、あまり煮すぎないことが大切です。

作り方もさほど難しくないので、是非自宅でチャレンジしてみてください。
おでんは冬にかかせない料理です。

おいしいカレーの作り方

おいしいカレーの作り方

カレーっておいしいですよね。
最近はかなりルーの種類も多くて、かなり買う時にも悩んでしまいます。

ルーを使った作り方でも、工夫次第でオリジナルのカレーへと変身します。
自分なりのスパイスなどを加えて、さらに美味しいカレーを目指しましょう。

まずは分量分の材料を準備します。
これは買ったルーなどの指示に従いましょう。

この時にも肉を牛肉から豚に変えてみたり、増やしてみたりと色々と考えてみてください。
説明通りではオリジナルカレーとは言えません。

ここから隠し味に使う材料を紹介します。
準備するのは、リンゴ(1/2個)、にんにく(1片)、はちみつ(小さじ1)、チョコレート(1かけら)、ローリエ(3枚)です。

まずは具を食べやすい大きさに切り、肉は色が変わるまで、野菜はしんなりするくらいまで炒めます。
この時ににんにくをみじん切りにして一緒に炒めます。

鍋に炒めた具、ローリエを入れ、そこに水を入れてしばらくの間煮ながらアクを取ります。
アクが取れたらルーを入れていきます。

全て溶けたらすりおろしたリンゴ、はちみつ、チョコレートを入れて全体を混ぜます。
これで完成です。

隠し味の量は最初は少なめにし、後から味見しながら入れていく方がいいと思います。
他にいも隠し味に向いているものはたくさんあるので、是非色々と試してみてください。

ルーの種類などで作り方も変わります。
各ルーに合った作り方をさがしてみましょう。

広島風お好み焼きの作り方

広島風お好み焼きの作り方

お好み焼きには関西風と広島風お好み焼きの2つの作り方があります。
関西(大阪)風では、材料を全部混ぜて焼く方式です。

一方広島風お好み焼きは、下に生地を敷いて、上にどんどん具を乗せていきます。
今回はそんな広島風お好み焼きの作り方を紹介します。

準備するのは、小麦粉(50g)、水(70cc)、キャベツ(中1/2個)、天かす(30g)、もやし(60g)、豚バラ(薄切り2〜3枚)、焼きそば(1玉)、卵(1個)、かつお節(適量)、紅生姜(適量)、青のり(適量)、お好みソース(適量)、焼きそばソース(適量)、マヨネーズ(適量)です。
作り方は、まず小麦粉と水を混ぜて生地を作り、キャベツを千切りにします。

ホットプレートを熱して、そこに生地を流し入れて丸く薄く広げていきます。
広げれたらその上にキャベツを乗せて、天かす、もやしの順番に乗せます。

次に豚バラを重ならないように上に乗せ、バラけるのを防ぐために少量の生地をかけます。
表面がきつね色になったらひっくり返し、キャベツなどの野菜を蒸し焼きにしてください。

この間にそばで焼きそばを焼いて、焼きそばソースなどで味を付けてその上にお好み焼きを乗せます。
卵をホットプレートの上に丸く広げていき、その上にお好み焼きを更に乗せます。

最後にひっくり返し、お好みソース、かつお節、青のり、紅生姜、マヨネーズなどをお好みでトッピングします。
これで広島風お好み焼きの完成です。

豆腐の作り方

豆腐の作り方

味噌汁を毎日飲む人は、豆腐を毎日食べますよね。
やはり具に豆腐はつきものですし、栄養などを考えてもばっちりです。

いつも豆腐を料理に使うとき、市販のものを買っていますか?
私は自分で作ったものを使っています。

皆さんは豆腐作りといえばどういった作り方を思いうかべますか?
最初から自分で作るとなると、かなり大変な作業に思えますよね。

時間があるなら作ってもいいですが、時間がないときには市販の豆乳を使って作ってみてはどうでしょうか?
これは豆乳を作るまでの作業を削減することができ、作り方もとても簡単になります。

準備するのは、市販の豆乳でにがり付きのものです。
作り方は、まず大きな入れ物に豆乳を注ぎ入れます。

豆乳に付いているにがりをその中に入れ、よくかき混ぜていきます。
よく混ぜないと上手くできないので注意しながら混ぜてください。

よく混ぜれたら、それを耐熱の容器に移します。
最後に容器にラップをかけ、電子レンジでチンしていきましょう。

当たり前に一度に電子レンジで加熱する量によって、時間などは変わってきてしまいます。
最初は少ない時間から温めていき、どの程度の時間温めるか調べてみましょう。

固まったら完成です。
この作り方なら、手間も時間もさほどかからずに作ることができます。

失敗などもほとんどないと思うので、手軽に作ることが可能です。
是非活用してみてください。

ローストチキンの作り方

ローストチキンの作り方

クリスマスには、ローストチキンを食べる人も多いですよね。
私も毎年食べますし、本当においしいんです。

丸々鶏肉を利用する場合もありますが、これは大きいですし分けるのも面倒です。
一人で全て食べるというのならいいですが、それはあまりないことだと思います。

丸々使った作り方だと、それなりに手間もかかります。
手羽先などの鶏肉を使った作り方なら、手間などもかなり軽減してローストチキンを作ることができます。

準備するのは鶏手羽先又は鶏もも肉(食べる数だけ)、醤油(100cc)、はちみつ(大さじ3)、みりん(50cc)、料理酒(30cc)です。
まずは鶏肉以外の材料をよく混ぜ合わせて、それを袋に入れます。

鶏肉の表面に数回穴をあけて、先ほどの袋に入れて全体をよくなじませます。
そのまま冷蔵庫で1日置いておきます。

翌朝、鶏肉を取り出し、それをオーブンで焼いていきます。
鶏肉を重ならないように並べて、袋の中のタレをまんべんなくかけます。

オーブンを200度程度に余熱して、30分〜1時間焼いていきます。
時間が足りないようなら少しずつ時間を増やし、早めに焼きあがったらオーブンから取り出します。

作り方を覚えてクリスマスなどに自家製のローストチキンを作ってみてください。
タレなどの味は自分好みに調節するとさらに美味しいローストチキンが作れます。

じゃがバターの作り方

じゃがバターの作り方

昔にステーキ店に行った際、じゃがバターを食べました。
そのじゃがバターがとてもおいしくて、すっかり虜になってしまいました。

私は蒸しているじゃがバターよりも、揚げている方が好きなので、そちらの作り方を書いていきます。
蒸している方もおいしいのですが、どちらかといえば揚げている方が美味しく思えてしまい……。

それでは作り方を解説していきます。
必要なのは、ジャガイモ(1個で一人分)、バター(20g)、油(適量)、塩(適量)、青のり(適量)です。

作り方は、まずジャガイモをよく洗います。
皮は剥かない方がお勧めです。

皮を剥いてしまうと、形などを取りにくくなりますし、揚げた時の皮のうまみがなくなります。
嫌いな方は、無理に残しておく必要はありません。

ジャガイモの上に十字に切り込みを入れます。
こうすると中へ火が通りやすくなるので、揚げる時間を短くできます。

そのまま中火で熱しておいた油へジャガイモをいれましょう。
串が通るくらいに柔らかくなり、皮がパリパリになったら油から上げます。

油をよく切り、お皿へジャガイモを盛りつけ、塩をふりかけます。
上部の切り込みにバターを乗せて、青のりをかけたら完成です。

また、蒸す場合の作り方は、揚げる部分を蒸すだけですので、揚げじゃがバターが嫌い中は是非蒸して作ってみてください。
本当においしいのでお勧めですよ。

じゃがバターの作り方でした

イカの塩辛の作り方

イカの塩辛の作り方

イカの塩辛は、お酒などのおつまみに最適ですよね。
よく父もビールなどと一緒に食べています。

市販のものを買ってしまうのもいいですが、作り方さえ覚えてしまえば自分でも十分作れます。
イカの塩辛の作り方を紹介するので、手作りで作ってみませんか?

準備するのは、いか(1パイ)、塩(実際に塩辛にするいかの重さの5%と小さじ1)、みりん(小さじ1)、酒(小さじ1)です。
まずはいかを切っていきます。

いかを水で洗い、足と胴体を分けて、墨袋や軟骨などを取り除きます。
いかのワタに小さじ1の塩をまぶして、1時間程度置いておきます。

いかは胴の皮をむき、足は吸盤をとり、食べやすい大きさに切ります。
この際によくいかの水分を取りましょう。

ワタの中身を取り出し、容器にワタ、いかの重さ5%の塩、酒、みりんを入れて混ぜ合わせます。
そこのいかを混ぜて、よく混ぜていきます。

これを冷蔵庫で3〜5日くらい保存してイカの塩辛の完成です。
保存している間は、1日に数回程度しっかりと混ぜてください。

調味料などの分量は、自由に変えても問題ありません。
料理はマニュアルがあっても、それが万人に合っているわけでなないです。

マニュアルなどの作り方から自分好みに分量を調整したり、加えてみたりするのが鉄則です。
私も基本的なマニュアルを参考に、自分好みに変えていることが多いです。

イカの塩辛の作り方でした

お雑煮の作り方

お雑煮の作り方

お雑煮は家庭や地方で大きく味が変わり、自分が一番おいしいと思う作り方を考えましょう。
今回は私の家でのお雑煮の作り方を書いていきます。

用意するのは、かつお節(適量)、昆布(20cmのものを1枚)、水(800cc)、醤油(適量)、みりん(大さじ1)、塩(適量)、餅(お好みで)、鶏もも肉(1枚くらい)、ホウレンソウ(1〜3枚)、ニンジン(1/2本)、かまぼこ(適量)、ぶり(適量)です。
作り方は、まずダシから作ります。

鍋に水と昆布を入れて、30分〜1時間くらい置いておきます。
時間が経ったら、火をつけて沸騰前に昆布を取り出します。

その中にかつお節を入れて、弱火で熱します。
数分くらい経ったら、キッチンペーパーなどでこします。

こしただし汁に醤油、みりん、塩を入れます。
醤油と塩は少量ずつ入れていき、味を調整してください。

鶏肉を一口くらいの大きさに切り、両面が焼けるくらいに火を通し、ぶりは先に焼いておきます。
大根、ニンジン、ホウレンソウは食べやすい大きさに切り、湯通ししておきます。

先ほどのだし汁にニンジンと大根を入れて煮ていきます。
大根などに火が通ったら鶏肉とホウレンソウを入れて、鶏肉に火が通るまで煮てください。

餅を焼いたり、茹でたりして餅の準備をします。
最後に器に餅とだし汁を入れて、上にぶりとかまぼこを乗せてお雑煮の完成です。

マヨネーズの作り方

せっかくなのでオリーブオイルでのマヨネーズの作り方をチェックしてみませんか?
オリーブオイルは美容に効果的です。

オリーブオイル(200cc)、卵黄(卵1個分で常温にしておく)、ヴィネガー(15〜20cc)、酢(大さじ1)、マスタード(大さじ1)、塩と胡椒(適量)を準備します。
作り方は、まずオリーブオイル以外の材料をボールに入れ、全体が混ざるまでしっかりと混ぜます。

よく混ぜれたら、そこにオリーブオイルを入れていきます。
マヨネーズの作り方で大切なのは、オイルの入れ方です。

上手くいれれないと、それぞれで分離してしまったり、固まらなかったりと失敗のもとです。
少しずつオイルを入れていき、しっかりと分離しないように混ぜてください。

分離してしまったら、水などを少量入れて混ぜます。
修正できることもあるので、分離してもあきらめないで大丈夫です。

モッタリとした感じになったら味見をし、自分好みの味に仕上げていきます。
私は酢の味わいが濃い方が好きなので、酢などを多めにしていっています。

好みで酢やオイルの量や種類を調節して、自分好みなマヨネーズを作ることも可能です。
市販よりもずっと自分に合ったものが作れます。

もちろん摂取量をちゃんとしないと太る原因となります。
摂取量を考えて食べてくださいね!

以上マヨネーズの作り方でした!

親子丼の作り方

親子丼の作り方

親子丼は定番の家庭料理です。
私も大好きで、時々自分で作っています。

今回はお子様も大喜びの親子丼の作り方を紹介します。
まずは味の肝となる煮汁から作りましょう。

材料は、だし(100cc)、みりん(大さじ1)、酒(小さじ1)、砂糖(大さじ1/2)、醤油(大さじ1)です。
煮汁の作り方は、全ての材料を入れ物に入れて、混ぜ合わせておくだけです。

親子丼本体は、ごはん(丼1杯)、鶏肉(50〜80g程度)、卵(1個)、玉ねぎ(1/4個)、みつば(適量)、醤油(大さじ1)、みりん(大さじ1)、酒(大さじ1)を用意します。
鶏肉は低カロリーなものがいいなら胸肉、気にしないならもも肉などを使います。

作り方ですが、まずは醤油、みりん、酒を混ぜて、そこに食べやすい大きさに切った鶏肉を入れて下味をつけます。
卵を混ぜ、玉ねぎの皮を剥いて薄切りにし、みつばも数センチくらいの長さに切ります。

浅鍋にいったん混ぜておいた煮汁を入れ、ひと煮立ちさせます。
玉ねぎを鍋にまんべんなく入れて、軽く透明になるまで煮ていきます。

軽く透明になったら鶏肉を入れて、蓋をして弱火くらいで煮ます。
鶏肉に火が通ったら卵を入れていきます。

箸などを伝わせるようにして、まんべんなく卵を入れていきます。
卵が自分好みになったら、ご飯を入れた丼にいれます

上にみつばを乗せれば完成です。
本当においしいので、一度作ってみてくださいね。

以上親子丼の作り方でした!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。