納豆 作り方

納豆の作り方

納豆が健康にいいのは最早常識です。
私も毎晩とまではいきませんが、かなり頻繁に食べています。

そんな大好きな納豆を自分で作りたいと思い作り方を勉強しました。
皆さんも作り方を見て、手作りで作ってみてください。

準備するのは、大豆(120g)、市販の納豆(5〜7粒)、お湯(25cc程度)、保温できるもの、圧力鍋です。
保温できるものは、ヨーグルトメーカーなどがお勧めです。

大豆は水に一晩つけておきます。
一晩つけたら、大豆を圧力なべで柔らかくなるまで煮てください。

目安は沸騰してから10分〜15分、蒸らし10分〜15分程度です。
茹で上がったら水を切って、市販の納豆の粒をお湯へ入れます。

そうすることで菌を取り出し、他の菌を殺菌できます。
保温するものの中の温度を40度程度温め、その間に先ほどの熱湯を水を切った大豆へ混ぜていきます。

くれぐれも熱いうちに大豆に菌を混ぜるようにしてください。
粘りが出るまで空気が入るようにし、40度を保ったまま保存します。

15時間から20時間ほど保温し、粘りがあれば後は冷蔵庫で発酵させて完成です。
保温に気をつけておけば、たいてい上手く作れます。

作り方を覚えて手作りで作ってみませんか?
やはり手作りはおいしいです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。