ステンドグラスの作り方

ステンドグラスの作り方

ステンドグラスって本当に綺麗で、ついつい見とれてしまいます。
日の光とかに当たると、キラキラと光って、驚くほどに綺麗なんですよね。

そんなステンドグラスの作り方ですが、これは最初はキットなどを買って作った方が無難です。
ガラスカッターを使うので、初心者では高い確率で失敗します。

大がかりなものを作りたくても、まずはキーホルダーなどの小さなものの作り方からマスターしましょう。
こういった小さなものなら、キットが存在することも多くて、必要な工具なども準備されている場合もあります。

キットなどで自分に向いている作業か確認し、工具などもどんどん揃えた方が失敗もないです。
できないのに買え揃えてしまってはお金ももったいないです。

おおまかなステンドグラスの作り方は、まずはデザインなどを決めて、どのようなパーツが必要か考えます。
パーツに番号などをつけておくと、後での管理が楽になります。

ガラスをガラスカッターで形に切っていき、切った部分に銅テープをつけます。
次に断片的なガラスを一つにつけていき、形を作っていきます。

付け終わったら、綺麗に洗浄して、黒染めを行ってワックスをぬります。
だいたいこれで完成します。

かなり初心者には難しい作業もあるので、やはり最初はキットでがお勧めです。
慣れれば本当に綺麗なものも作れるので、マスターしてみてもいいかもしれません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。