味噌の作り方

味噌の作り方

味噌の作り方を知っておけば、様々な場面んで役に立ちます。
作り方も複雑で、1月や2月の寒い時期に仕込みます。

準備するのは、大豆(1kg)、米麹(1kg)、塩(400g)です。
作り方はまず大豆は一晩水につけておきましょう。

翌朝、大豆を指で軽くつまんで潰れるくらいになるまで弱火で煮ていきます。
半日ほど煮ると十分だと思います。

煮ている間に米麹と塩を合わせます。
米麹をバラバラにほぐし、ほぐせたら分量分の塩を混ぜ合わせます。

大豆が茹でれたら、すり鉢で潰していきます。
潰した後は先ほどの塩切りをした米麹よく混ぜ合わせます。

熟成することで柔らかくなるので、自分好みよりもちょっと硬いくらいにしましょう。硬さを調節し、手のひらの大きさほどの円形へと丸めていきます。
このときには空気を抜きながら作業するようにしましょう。

ビニール袋を二枚ほど敷いた漬物樽に味噌を入れます。
全部入れたら上から手で押し、さらに空気をぬいていきます。

表面を平らにして、ビニール袋の空気を抜きながらしっかりと口の部分を結び、上に漬物石などの重りを乗せて暗い涼しい場所で保管します。
4月か5月頃に1〜2回と8月に1〜2回、漬物樽を開けて、しっかりと混ぜ合わせます。

カビなどはいろいろと説があり、気持ち悪いなら取り除いてもいいと思います。
作業が終わったら、またしっかりと蓋をして保管し、作ってから10〜12か月ほどで味噌の完成です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/167807155
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。