餃子の作り方

餃子の作り方

餃子は中の具によって美味しさが変わってきます。
人によって作り方も違いますし、入れる具なども変わってきます。

豚挽肉(150g)、白菜(170g)、にら(40g)、中華スープ(小さじ1)、にんにく(1片)、生姜(1片)、醤油(大さじ2)、ごま油(小さじ1、焼くときに適量)、塩(適量)、コショウ(適量)、餃子の皮(適量)、油(少量)を準備します。
作り方は、まず白菜を湯通しして、その後少量の塩を加えてミキサーなどで細かくしていきます。

水分が出ると思うので、それをキッチンペーパーなどで吸い取って、ある程度水分を抜いておきます。
ボウルに挽肉を入れて、そこに中華スープ、醤油、ごま油、塩、コショウを入れてよく混ぜます。

ある程度混ざったら、先ほどの白菜、みじん切りにしたにんにくと生姜を入れて、全体が混ざるまでしっかりと混ぜます。
粘り気が出てきたら皮に具をつめていきます。

スプーンなどで具を取り、皮の中心あたりに乗せ、ひだに少量の水を付けてつまむようにして閉じていきます。
フライパンにごま油を入れ、餃子を並べて中火くらいで軽く色が変わる程度焼きます。

鍋の中に餃子の底が沈む程度に水を入れて、蓋をしてそのまま蒸し焼きにします。
ある程度水分が飛んだら蓋を取って、少量の油をかけて、焼き目がつくまで焼いてください。

焼き目がついたら皿に盛り付け、タレを準備したら完成です。
是非作り方をチェックしてみてください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。