ローストチキンの作り方

ローストチキンの作り方

クリスマスには、ローストチキンを食べる人も多いですよね。
私も毎年食べますし、本当においしいんです。

丸々鶏肉を利用する場合もありますが、これは大きいですし分けるのも面倒です。
一人で全て食べるというのならいいですが、それはあまりないことだと思います。

丸々使った作り方だと、それなりに手間もかかります。
手羽先などの鶏肉を使った作り方なら、手間などもかなり軽減してローストチキンを作ることができます。

準備するのは鶏手羽先又は鶏もも肉(食べる数だけ)、醤油(100cc)、はちみつ(大さじ3)、みりん(50cc)、料理酒(30cc)です。
まずは鶏肉以外の材料をよく混ぜ合わせて、それを袋に入れます。

鶏肉の表面に数回穴をあけて、先ほどの袋に入れて全体をよくなじませます。
そのまま冷蔵庫で1日置いておきます。

翌朝、鶏肉を取り出し、それをオーブンで焼いていきます。
鶏肉を重ならないように並べて、袋の中のタレをまんべんなくかけます。

オーブンを200度程度に余熱して、30分〜1時間焼いていきます。
時間が足りないようなら少しずつ時間を増やし、早めに焼きあがったらオーブンから取り出します。

作り方を覚えてクリスマスなどに自家製のローストチキンを作ってみてください。
タレなどの味は自分好みに調節するとさらに美味しいローストチキンが作れます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/167282593
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。