親子丼の作り方

親子丼の作り方

親子丼は定番の家庭料理です。
私も大好きで、時々自分で作っています。

今回はお子様も大喜びの親子丼の作り方を紹介します。
まずは味の肝となる煮汁から作りましょう。

材料は、だし(100cc)、みりん(大さじ1)、酒(小さじ1)、砂糖(大さじ1/2)、醤油(大さじ1)です。
煮汁の作り方は、全ての材料を入れ物に入れて、混ぜ合わせておくだけです。

親子丼本体は、ごはん(丼1杯)、鶏肉(50〜80g程度)、卵(1個)、玉ねぎ(1/4個)、みつば(適量)、醤油(大さじ1)、みりん(大さじ1)、酒(大さじ1)を用意します。
鶏肉は低カロリーなものがいいなら胸肉、気にしないならもも肉などを使います。

作り方ですが、まずは醤油、みりん、酒を混ぜて、そこに食べやすい大きさに切った鶏肉を入れて下味をつけます。
卵を混ぜ、玉ねぎの皮を剥いて薄切りにし、みつばも数センチくらいの長さに切ります。

浅鍋にいったん混ぜておいた煮汁を入れ、ひと煮立ちさせます。
玉ねぎを鍋にまんべんなく入れて、軽く透明になるまで煮ていきます。

軽く透明になったら鶏肉を入れて、蓋をして弱火くらいで煮ます。
鶏肉に火が通ったら卵を入れていきます。

箸などを伝わせるようにして、まんべんなく卵を入れていきます。
卵が自分好みになったら、ご飯を入れた丼にいれます

上にみつばを乗せれば完成です。
本当においしいので、一度作ってみてくださいね。

以上親子丼の作り方でした!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。